05 2月 2019

【ニュース】クレハ/フッ化ビニリデン樹脂値上げ、物流費の上昇も要因 | LNEWS

・クレハは2月4日、製造・販売するフッ化ビニリデン樹脂「KFポリマー」について、3月1日出荷分より価格改定を実施すると発表。
・フッ化ビニリデン樹脂「KFポリマー」は、リチウムイオン二次電池用バインダー向けの販売が伸長している一方で、原材料費や物流費の上昇による収益への影響が顕在化してきており、自助努力のみではコスト上昇分の吸収が困難な状況となっていることから、価格改定となった。
<元記事>https://lnews.jp/2019/02/l0204310.html

最近、フッ化物を合成する環境に対する規制が厳しくなっている。そのようなことも影響しているのではないだろうか。

<弊社では、電池技術に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

24 8月 2018

【ニュース】クレハ PVDFを能増 福島に年産2000t

・クレハは8月22日、同社のいわき事業所(福島県いわき市)において、フッ化ビニリデン樹脂(PVDF)増強設備の竣工式を同日開催したと発表した。
・増強されたのは年産2000t規模の施設で、投資額は47億円。今年9月に試生産を開始し、来年1月から商業生産を開始する予定。
・同社グループは現在、PVDFの製造設備として、いわき事業所に年産4000t、呉羽(常熟)フッ素材料有限公司(中国・江蘇省常熟市)に年産5000tの設備を有しており、今回の年産2000tの増強により合計で年産1万1000tの能力を持つこととなった。
<元記事>http://www.gomutimes.co.jp/?p=135605

11 11月 2017

【ニュース】クレハ PVDFとPPS増強検討 中国のEV需要に対応 化学工業日報

・クレハはポリフッ化ビニリデン(PVDF)とポリフェニレンサルファイド(PPS)の能力増強の検討に入った。
・PVDFは中国工場の能力を倍増し、1万トン体制に引き上げる考え。フル稼動が続く国内のPPS工場も増産に乗り出す方針で、今年度中に増設幅など詳細を詰める。
・中国で電気自動車(EV)シフトが加速するなか、リチウムイオン2次電池(LiB)用バインダー向けのPVDF、金属代替による樹脂部品用途のPPSの需要が高まっていることに対応する
<元記事>http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2017/11/10-31652.html

06 11月 2016

【ニュース】EV向け電池、高シェア部材に集中 クレハは5割増産  :日本経済新聞

・素材メーカーが電気自動車(EV)向けの電池部材で「選択と集中」をする動きが鮮明になってきた。
・クレハは正極バインダーに集中し、50億円を掛けて設備を増強する。生産能力を5割増の年6千トン。稼働は2018年を予定。
<元記事>http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09188070U6A101C1TJC000/

31 7月 2016

【ニュース】“EVブーム”今回は本物。クレハが車載電池材に大型投資

・クレハは2018年度までに、電気自動車(EV)などに使われるリチウムイオン二次電池(LIB)用バインダー(接着剤)の生産能力を現状比約5割増強する。
・いわき事業所(福島県いわき市)にポリフッ化ビニリデン樹脂(PVDF)の生産ラインを新設。
・投資額は60億―70億円となる見通し。
<元記事>http://newswitch.jp/p/5496

17 3月 2016

【ニュース】自動車向けは合弁解消もLIB用部材を増強するクレハの狙い

・クレハはリチウムイオン二次電池(LIB)用バインダーや太陽電池バックシートに使われる、フッ化ビニリデン樹脂(PVDF)の生産体制を見直す。
・いわき事業所(福島県いわき市)で生産する汎用電池用の一般品の大半を2014年度に立ち上げた中国工場(江蘇省)に集約し、いわきは高性能電池用の特殊品に特化する。スマートフォンやパソコン用LIBの需要増に応えると同時に、排ガス規制が進む中国の電気自動車(EV)用途を開拓する。
<元記事>http://newswitch.jp/p/3966

03 12月 2015

【ニュース】クレハ・バッテリー・マテリアルズ・ジャパン 合弁解消

・クレハ、クラレ、伊藤忠商事、産業革新機構の合弁会社であったクレハ・バッテリー・マテリアルズ・ジャパン(KBMJ)の株式を、クラレ、伊藤忠商事、産業革新機構はクレハに売却し、合弁を解消する。
・これにより、KBMJはクレハの100%出資子会社となる。
・KBMJの事業をクラレが2016年4月1日より継承し、事業継承後のKBMJは解散する。
<元記事>http://www.kuraray.co.jp/release/2015/pdf/151202_jp.pdf

28 5月 2015

【ニュース】クレハ、PVDFの生産見直し-いわきは特殊品に特化、一般品の大半を中国に集約:日刊工業新聞

・クレハはリチウムイオン二次電池(LIB)用バインダーや太陽電池バックシートに使われる、フッ化ビニリデン樹脂(PVDF)の生産体制を見直す。
・いわき事業所(福島県いわき市)で生産する汎用電池用の一般品の大半を2014年度に立ち上げた中国工場(江蘇省)に集約し、いわきは高性能電池用の特殊品に特化する。
<元記事>http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0820150527cbab.html

05 3月 2015

【ニュース】クレハ、リチウム電池の正極材向けバインダーの新グレード開発-高密着性も塗布は容易

クレハはリチウムイオン二次電池(LIB)の正極材向けに、電池の高容量化と製造工程の容易性を両立したバインダーの新グレードを開発した。新グレードは高い密着性能を持ちながら粘度を抑えたことで、ユーザーが製造工程で正極材を塗布しやすい。車載用と民生用双方を対象に2015年内に商業出荷を始める計画。
新開発の9700ではバインダーの構造中の官能基という部位を工夫することで、分子量の増加を抑えながら密着性を高めた。
<元記事>http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0820150304cbaj.html

04 7月 2014

【ニュース】クレハ 中国におけるフッ化ビニリデン樹脂(PVDF)製造設備の竣工式を開催

本日、株式会社クレハの子会社で ある呉羽(常熟)氟材料有限公司(※氟=フッ素)において、フッ化ビニリデン樹脂製造設備 の竣工式を開催いたしましたので、お知らせいたします。
元記事へのリンク→http://www.chem-t.com/fax/images/tmp_file1_1404466759.pdf