19 3月 2016

【ニュース】テイジン・アラミド、リチウムイオン電池輸送用の航空貨物コンテナを米国企業と開発:EMF 日経BP環境経営フォーラム

・帝人グループ企業でパラ系アラミド繊維「トワロン」を手掛けるテイジン・アラミド(オランダ)は、リチウムイオン電池輸送用の航空貨物コンテナを米国の貨物輸送関連製品企業、マクロ・インダストリーと共同開発する。
・トワロンを使用して製造したマクロ・インダストリーの航空貨物コンテナ「MACRO-Lite」は、米国政府機関の連邦航空局や、貨物運送会社のUPSの試験で最高約650℃の温度環境で4時間以上の耐火性が実証されている。
MACRO-Liteについて、リチウムイオン電池の輸送に伴う安全規制がクリアできる可能性や、軽量性と耐久性がアルミ製の航空貨物コンテナに勝る、と評価している。
<元記事>http://business.nikkeibp.co.jp/atclemf/15/238719/031800978/