10 10月 2019

【ニュース】パナソニック、テスラの車載電池元責任者を米ギガファクトリーで採用 – Bloomberg

・パナソニックは、米電気自動車(EV)メーカー、テスラでEV用車載電池の開発・検証を統括していたセリナ・ミコワイチャク氏を採用した。両社が米国で共同運営する大規模電池工場「ギガファクトリー」で要職に就く。
・ミコワイチャク氏のリンクトインのプロフィルによれば、2012年から18年初めまでテスラで働き、その後ウーバー・テクノロジーズに短期間在籍した同氏は、電池技術担当のバイスプレジデントとしてパナソニックに今月入社した。
<元記事>https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-08/PZ2QF9T0G1L301?srnd=cojp-v2-overseas

ウーバーをそんな短期でやめてしまったのであろうか。最近、ベンチャー企業の過剰評価が議論されている。ウーバーの売り上げと投資金額のギャップは異常である。アマゾンのような成長とは異なる気もする。そんな気配を感じてパナソニックに来たのではないかと思ってしまうのは天邪鬼すぎると反省。ただ、電池業界もそんなに甘くない環境である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す