14 9月 2019

【ニュース】経産省 革新型蓄電池実用化のための基盤技術の開発事業 令和2年度概算要求額 38.0億円

○事業目的・概要
・ 運輸部門におけるエネルギー源の多様化や省エネ、CO2排出削減を推進するためには、電気自動車等の次世代自動車の普及が重要。
・電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車は、令和12年に新車販売台数に占める割合を最大30%まで引き上げることを目標としており、 その達成に向け、ガソリン車並みの航続距離を持つ電気自動車を実現する、革新型蓄電池の実現が期待される。
・本事業では、産学官の連携の下、高度な解析技術を高めつつ革新型蓄電池の研究開発を加速し、トレードオフ関係にある高エネルギー密度と、車載用として求められる耐久性・安全性等を高いレベルで両立で きる新たな材料や電池構成等の基盤技術を世界に先駆けて確立する。
○成果目標
・ 平成28年度から令和2年度までの5年間の事業を通じて革新型蓄電 池の令和12年の車載・実用化に向け、リチウムイオン電池よりも高いエ ネルギー密度(500Wh/Kg)を有し、耐久性・安全性等について車 載化に向けて克服不可能な課題がないことを5Ah級の大型試作セル を用いて確認する。
<元記事>https://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2020/pr/en/sangi_taka_17.pdf

ガソリン車並みの航続距離を実現することで市場にどれだけの価値があるかもう少し深い議論を重ねるべきである。
電池技術へ行政が投資することは重要であるが、このようなことをやっていては半導体と同様の結果を繰り返すだけである。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp