15 9月 2019

【ニュース】トヨタ、テスラと同型のパナソニック製電池を中国向けPHVで採用=関係筋 – ロイター

・トヨタ自動車は中国で販売するプラグインハイブリッド車(PHV)の一部で、パナソニックが米のテスラ向けに設計したものと同型の電池を採用し始めた。
・関係筋の1人によると、トヨタは中国で今年発売した新しいプラグインハイブリッドセダン「カローラ」と「レビン」でパナソニックの円筒形電池を採用している。
・関係筋によると、この電池はパナソニックがテスラ向けに製造しているものと同じサイズだが、構成が異なるという。
・電気自動車への世界的なシフトが加速する中、こうした動きは高品質電池の安定的な調達を確保しようとするトヨタの取り組みを反映している。
<元記事>https://jp.reuters.com/article/toyota-batteries-china-idJPKCN1VY0D3

初期コスト優先なのだろうか。搭載量次第では、EV走行時かなり制限が入りそうである。
PHEVは大量に出す商品としては、企業側としても消費者側としても難しいポジションにある。それを踏まえてチャレンジしているのかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp