12 9月 2019

【ニュース】欧州、環境意識からEVシェア伸びる | 企業情報FISCO

・欧州自動車工業会(ACEA)によれば、西欧17カ国の2019年1~6月のEV販売台数は前年同期から9割増え、シェアは1ポイント上がって2%になったとのこと。
・新車販売全体が前年割れする中で好調さが目立っている。
<元記事>https://web.fisco.jp/FiscoPFApl/ThemeDetailWeb?thmId=0010320020190911001&token=

一般消費者が購入した車の稼働時間は1割とも言われている。本当にCO2排出量を目的にするのであれば、公共交通機関の充実やシェアリングを進めて車の製造量を減らして、今市場にある車を修理して使い続ける方が電動化にするよりもCO2削減に有効である。原材料生成から製造、リサイクルで発生するCO2は意外に多い。
EVを買うことが本質的に環境にいいのだろうか。そして、場合によっては不便さも受け入れないといけない。環境に紐つけるのをそろそろやめるべきではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す