10 9月 2019

【ニュース】ヒュンダイ、起亜自動車 急速充電機合弁会社 IONITYに出資 – Green Car Congress

・起亜自動車と現代自動車は、IONITYに投資した。
・IONITYは、2017年にBMWグループ、ダイムラーAG、フォードモーターカンパニー、フォルクスワーゲングループとポルシェAGとの合弁会社であり、急速充電器を設置する会社。
・CHAdeMOとは異なる、CCS(コンバインド・チャージング・システム)、一般にコンボ方式と呼ばれる充電方式を使って350kWの急速充電が可能。
・2021年以降、起亜と現代のEVには800V充電システムが搭載され、IONITYの最大充電電力350kWに対応する予定。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/09/20190909-ionity.html

何でこんなにも急速充電に注目が集まるのであろうか。規格争いが目的になっていて結局使わなかったなんてオチにならない事を祈りたい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す