03 9月 2019

【ニュース】中国蓄電池、BYDが日本参入 CATLは半値で  :日本経済新聞

・中国のエネルギー関連企業が再生可能エネルギーの普及のカギを握る据え置き型蓄電池で相次ぎ日本に参入する。
・電池大手の比亜迪(BYD)は2021年から工場などに設置する蓄電池を販売する。
・寧徳時代新能源科技(CATL)も低価格品を売り出す。国家戦略で環境技術開発を推進する中国の攻勢が一段と強まりそうだ。
<元記事(全文は有料)>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49281160R00C19A9MM8000/?n_cid=DSREA001

電池を価格だけで見ていると痛い目を見る。自分たちで正当な評価ができないなら専門家に依頼する手もあるので、製品に導入する際はきちんと素性を理解してからにしてほしい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp