13 8月 2019

【ニュース】メルセデスベンツの新世代電動バス、48台をドイツで受注…充電用パンタグラフ装備 | レスポンス(Response.jp)

・メルセデスベンツは8月6日、新世代の電動大型バス『eシターロ』(Mercedes-Benz eCitaro)を48台、ドイツ・ハノーバーの公共交通機関「USTRA」から受注した、と発表した。
・eシターロでは、バッテリーパックをモジュール方式で設計した。これにより、航続に合わせてバッテリー容量が選択できる。さらに、最新の熱管理システムの導入により、エネルギー消費を大幅に削減させている。
・バッテリーは最大12個のモジュールで構成されるリチウムイオンで、蓄電容量は最大で292kWh。1回の充電での航続は、170km。
・48台のすべてに、パンダグラフが装備されている。このパンタグラフは、路線終点で充電するためのもの。入庫しなくても運用途中で充電できる。1台あたり合計10個、蓄電容量243kWhの高電圧バッテリーパックを、パンタグラフから充電する。
<元記事>https://response.jp/article/2019/08/12/325403.html

電動モビリティの実証や検証をしていく上で行政や政府と連携していくのは有効である。欧州はこのような路線バスが多くの地域で定着しており、インフラや利用者に負担なく導入が可能である。また、技術検証は必ずしも4輪である必要はない。
トヨタで言えばリニモ、ホンダで言えばLRTなどを活用した実証試験は面白いのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す