08 8月 2019

【コラム】Solid electrolyte batteries – the next big thing?! – electrive.com

・Johannes Kasnatscheew博士は、electiveとのインタビューで、固体電解質の導入により重量エネルギー密度が40%、体積エネルギー密度が70%増加する可能性があると説明している。
・彼はまた、「固体電解質を使用すると、グラファイトベースのアノードの代わりにリチウム金属を実現できる。 これは、エネルギー密度を大幅に向上させる唯一の方法です。」という。
・但し、Electriveは、業界の他の専門家にインタビューを行ったが、彼らは、2025年までにシリーズ生産もシリーズカーへの搭載も行わないと見込んでいるとのこと。
・液体電解質を備えた数十億個のリチウムイオン電池が大きな問題なく構築されていることは明らかで、それらの開発も停止していない。
・全固体電池の研究開発は、世界中の多くの人々が真剣に取り組んでおり、成功を保証するものではないが、変化と次の大きなものに対する十分な根拠のある合理的な希望がある。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/08/02/solid-electrolyte-batteries-the-next-big-thing/

後半は賛同できる。
液体の電解質でもLi金属と使える研究は盛んに行われている。それも許容して、固体が唯一の方法とは言い切らないでほしい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp