11 7月 2019

【ニュース】SVOLT 欧州で電池工場建設を計画 – electrive.com

・中国の自動車メーカー、 グレートウォールモーターから生まれたバッテリーセルメーカーのSVOLT Energy Technologyは、2025年までに合計100GWhの世界規模の生産能力を構築する計画で、ヨーロッパでも工場建設を計画している。
・建設は2020年後半に開始され、2022年に完了する予定で、初期の生産能力は20GWh。
・ SVOLT Energy Technologyは現在、中国の常州に最初の生産施設を建設中。
・当初は年間12GWhの生産が予定されていたが、後に約70GWhの生産が可能になる予定と発表している。
・ゼネラルマネージャーの Yang氏によると、米国を含む世界中で合計5つの生産拠点が計画されている。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/07/09/svolt-plans-battery-cell-factory-in-europe/

電池メーカー各社の2025年までの生産計画を足し合わせたらIEAなどの予測を十分に実現しうる量になりそうだ。
結果が出た時、振り返って彼らの存在価値が議論されることを期待したい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp