11 7月 2019

【ニュース】AnkerのUSB急速充電器が液漏れ・発煙でリコール – BCN+R

・アンカー・ジャパンは7月8日、同社製USB急速充電器の電解コンデンサーが液漏れ・発煙したとしてリコールを発表した。
・19年6月7日にユーザーからカスタマーサポートに電解コンデンサーの液漏れと発煙が生じた旨の第一報が届き、同日、原因究明に向けて調査を開始。6月30日に原因が特定され、回収する決定に至った。
・原因は、製造時のはんだの接合工程で、通常よりも長い時間加熱された製品が40個発生して、出荷不可として廃棄処理される予定だったが、委託先の製造工場の管理体制の不備により正常品と混在してしまった。
<元記事>https://www.bcnretail.com/market/detail/20190708_127623.html

このような事故はEVでも起きる可能性が十分にある。簡易的にチェックできるシステムがあればEV生産工場に売り込めるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す