18 6月 2019

【ニュース】住友鉱、EV軸に5000億円投資 一貫生産モデル深掘り  :日本経済新聞

・住友金属鉱山が電気自動車(EV)を軸とする成長戦略のアクセルを踏む。
・2019~21年度までの3年間で、EVに欠かせない銅やニッケル部門を中心に約5千億円を投資する方針を打ち出した。
・車載電池向けの正極材など川下の材料生産にも力を入れ、市況変動への耐性が強い収益モデルの構築を急ぐ。
・一方、米中貿易摩擦を受け、非鉄の市況や需要には不透明感が漂う。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46104410U9A610C1TJ1000/

銅やニッケルは自動車に限らず経済成長が望める場合、需要が伸びる。ここ数年は有効に投資をすれば利益を上げらるのであろう。2030年以降は自動車の販売台数もそれほど伸びは示さず世界経済の成長も見込めない可能性もある。その時、このような鉱山ビジネスはどうなっていくのであろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp