15 6月 2019

【コラム】VWのバッテリー投資、高リスクも他に選択肢なし – WSJ

・VWは13日、バッテリー生産に約10億ドル(約1080億円)投資することを発表した。その一部はスウェーデンのバッテリー新興企業ノースボルトとの合弁会社設立に充て、EV用バッテリーの中核コンポーネントであるセルを生産する。
・VWは、技術の変化が激しいこの時代に、実績のないバッテリーメーカーと組んで巨費を投じることになる。
・ドイツのニーダーザクセン州はVWの議決権株式20%を保有している。VWとノースボルトの合弁工場が、同州 ザルツギッター に建設されるとみられるのも意外ではない。同地には世界最大のエンジン工場の1つがある。
・EVが従来車に取って代われば、内燃エンジン関連の雇用はバッテリー関連の雇用に置き換えられることになる。
・VWは、排ガス不正で約340億ドルの代償を払うことになったことを考えれば、バッテリー生産はさほど高い賭けではないかもしれない。
<元記事>https://jp.wsj.com/articles/SB12720290320763713670604585364220989643474

決して小さい金額ではないが、数年で10億ドルであれば技術投資としては巨額とまではいう数字ではない気もするが。
この連携でVWが電池価格を下げる取り組みをしなければならない。それができなければ、この費用は無駄になるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す