15 6月 2019

【ニュース】ホンダ e、EV専用プラットフォームを発表…前後重量配分は50対50 | レスポンス

・ホンダの欧州部門は6月13日、新型EVの『ホンダe』(Honda e)のプラットフォームを発表した。
・バッテリーはホイールベースの中央に配置。
・リチウムイオンバッテリーは蓄電容量35.5kWh。バッテリーパックは、水冷式。
・充電は、「タイプ2」のAC接続、または「CCS2」のDC急速充電器に対応する。1回の充電での航続は200km以上を達成する予定だ。急速充電なら、30分でバッテリー容量の80%まで充電できる。
<元記事>https://response.jp/article/2019/06/14/323446.html

ホンダにはMM思想と言うものがある。また、走行性能にこだわりがある。売り方には問題があるが、お客様目線では価値の高いものを提供している。EVでもそれを積極的に考えた商品であることは間違えない。
ただ、これを利益が取れるようにしていくのは苦手である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp