15 6月 2019

【論文紹介】NEDO 海外技術情報(2019 年 6 月 14 日号)

◯エネルギー関連目次抜粋
・降雪で発電する新デバイス
UCLA が、降雪で発電する摩擦帯電型ナノ発電デバイス、snow TENG (snow-based triboelectric nanogenerator)を開発。 小型でフレキシブルな薄いプラスチックシート状の同デバイスは、正電荷を帯びた雪と負電荷を帯 びたシリコーンを組合せたもので、雪がシリコーンの表面に接触することで発電する。
<元記事>https://www.nedo.go.jp/content/100893787.pdf

雪の結晶の形によって発電効率が違って、地域のよって違いが出そうである。
太陽光が少ない地域で活用の道があるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す