15 6月 2019

【ニュース】SKC、EV電池用銅箔メーカーを買収 – NNA ASIA・韓国

・SKCは、電気自動車(EV)バッテリー向け銅箔を製造するKCFTテクノロジーズを買収すると発表した。
・KCFTは最長50キロメートル、髪の毛の30分の1の薄さの銅箔を生産する技術を有し、世界のバッテリーメーカー向けに供給している。
・SKCはKCFTの生産能力を2022年までに現在の3倍に増強する計画
<元記事>https://www.nna.jp/news/show/1914317

SKグループは、セパレーターの増産をすでに発表している。今回は銅箔である。両者とも比較的利益が取りやすい部材である。このような買収や量産によって、電池の価格を下げるのであろう。100GWhを超える生産に向けて本気度を感じる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す