14 6月 2019

【ニュース】「波は来てからでは遅い」(永守会長)-日本電産のEV待ち伏せ戦略

・日本電産が電気自動車(EV)をターゲットに車載事業の規模を大きく拡大する。
・100年に1度と言われる自動車業界の激変期。車の3要素「走る・曲がる・止まる」に関わるモーターなどの製品群をそろえる日本電産は、2025年をめどにEV用プラットフォーム(車台)事業へ参入し、同事業で30年度に約1兆円の売上高を目指す方針だ。
・日本電産は車の電動化、EV化の波を見据えて車載事業の強化を進めてきた。18年度の車載事業の売上高は10年度比4倍強の2973億円。全体の売上高に占める割合も同約10ポイント増の19・5%と存在感が増している。波は「来てからでは遅い。いわば『待ち伏せ』だ」。永守会長は力を込める・・・
<元記事>https://newswitch.jp/p/18013

PTの電動化は進みモーターの需要も間違えなく増えていくのであろう。
待ち伏せしていることは同業他社が見ていると思うが、大丈夫であろうか。リスクを考えて、絞りきらずいくつかのケーススタディを考え選択肢を用意しておく考え方もあるが、これは凡人の考えなのかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp