14 6月 2019

【ニュース】三桜工業、全固体電池の試作評価 年内にも開始 | 日刊工業新聞 電子版

・三桜工業は2019年内に、次世代電池として期待されている全固体電池の最初の試作を終え、試作評価と市場調査を始める。
・昨秋、全固体電池開発でリードする米国のベンチャー、ソリッド・パワー(コロラド州)に出資したが今後は、自社内でも研究開発を本格化、早期事業化を目指す。
・ソリッド・パワーは全固体電池の研究開発と製造を手がけるベンチャー企業。17年に独BMWと提携し、電気自動車(EV)向けの全固体電池の開発を進めている。
<元記事>https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00520101

EVと表現した時に、内燃機関とのハイブリッドも含んだり含まなかったりする。最近、全固体電池も似たような傾向がある。固体電解質の種類も色々だが、液体と固体のハイブリッドも固体電池に含まれたりする。知らない人には誤解を与える表現が世の中には溢れている。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp