12 6月 2019

【ニュース】アウディが量産型EVのE-Tron SUVをリコール、バッテリー発火の恐れ | TechCrunch Japan

・Audi(アウディ)は米国時間6月10日、バッテリー発火の恐れがあるとして、米国で電気自動車(EV)のE-Tron SUVを自主回収すると発表した。
・Audiの広報はBloombergに対し、これまでに販売された1644台で発火は報告されていない、と語った。
・発表にると、ワイヤーハーネスを通じて湿気が電池の中にしみ込むことがわかったとのことだ。これが原因の電池故障が世界で5件報告されている。
<元記事>https://jp.techcrunch.com/2019/06/11/2019-06-10-audi-recalls-its-electric-suv-over-battery-fire-risk/

新商品を世に出していくときは、このようなリコールは避けて通れない。大手自動車メーカーであれば経験や資金を活用して、このような対応ができるが、ベンチャーなどでは厳しいかもしれない。特に電池関係の部材は、他に比べて初期では気が付きにくく使っていくと問題になる事象が多い気がする。今回の気密性の問題以外に高電圧であることによる問題が色々出てくるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す