11 6月 2019

【ニュース】BYD、リン酸鉄リチウムイオン電池の電動リフト発売へ | MOTOR CARS

・中国EV大手、比亜迪(BYD)傘下のビーワイディージャパン株式会社は日本国内で同社導入初のリチウムイオン電池搭載の2トン積載・電動ハンドパレットトラック 「P20W」と、5トン積電・動カウンターフォークリフト「ECB50」を2019年6月11日より発売する。
・電池そのものの完成品が比較的重量を持つことから鉛二次電池のリプレイス活用や、定置型蓄電池システムなどには適しており、BYDでは重量比が欠点となり難い大型車両の他、今回の輸送機器等への展開を進めている。
<元記事>https://motorcars.jp/byd-to-launch-electric-lift-of-lithium-iron-phosphate-battery20190610

記事にあるようにフォークリフトは重いものを持つので思い方がいい。LIBでも重りをつけたりする。
物流においてハブ機能の倉庫が大きくなり電動化が進むとこのような商品に加え、もう少し小さな商品も電池の市場としてそれなりに大きくなっていくことが期待できる。長期のメンテナンス込みでサービスを提供するような仕組みは面白いと思う。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp