08 6月 2019

【ニュース】トヨタとスバルがEV専用プラットフォームを共同開発、まずはCセグSUVを製品化 – MONOist(モノイスト)

・トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は2019年6月6日、電気自動車(EV)の専用プラットフォームとEVの共同開発について合意したと発表。
・中大型乗用車向けのプラットフォームと、CセグメントのSUVタイプのEVを開発し、車両は両社のブランドで販売する。
・スバルはこれまでEVを独自開発する方針だったが、今回の合意を受けて共同開発にシフトし、技術や開発、調達などの面で効率化を図る。
<元記事>https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1906/07/news046.html

海外でもこのような動きが加速している。この視点で各社の動きを分析してみると、明らかに判断が遅れているメーカーが見えてくる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp