05 6月 2019

【ニュース】ダイムラーが次世代リチウムイオンバッテリーの開発に着手 – CARSMEET WEB

・クルマの電動化が進むなか、カギを握るバッテリーを巡る提携が活発化している。
・ここにきてダイムラーグループも同じく米国のバッテリー関連ベンチャーであるシラ・ナノテクノロジーズへ出資。
・リチウムイオンバッテリーの性能向上へ向けて、ドイツと米国のコラボが一段と進みそうだ。
・ダイムラーが株式を取得したシラ・ナノテクノロジー社も、電極を現在の炭素主体のものからシリコン複合材料に置き換えることで20%の性能向上が図れるとしており、ダイムラーの次世代EVであるEQブランド車での採用を目指している。
<元記事>https://carsmeet.jp/2019/06/04/107084/

航続距離にだけ注目した法規は、消費者にも開発者にとっても有効ではない気がする。
EVは使っていると一回の充電で走れる距離が短くなっていく。使っていくと60〜70%まで落ちるが、初期の値が商品をうる際に売りになる。シリコン負極やhigh-Ni正極は、その初期値を上げるのに有効であるが、航続距離が劣化しやすい。
このような商品を世に出すことは、長期的に考えるとブランドにも影響する可能性がある。もちろん、技術開発は進み改良していくので、現時点での話である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp