04 6月 2019

【コラム】電気自動車普及で始まる車載用電池の覇権戦争 | 経済界

目次
1 車載用電池で存在感を高める中国
1.1 日本発のリチウムイオン電池技術
1.2 中国のEV市場拡大で状況が一変
2 電気自動車の未来を変える全固体電池をめぐる状況
2.1 液LIBの開発・生産競争が進む
2.2 全個体電池のメリットと課題
2.3 全固体電池実用化で先行するトヨタ自動車
文=ジャーナリスト/永井 隆
<元記事>http://net.keizaikai.co.jp/archives/35713

このような記事を経営層が読んでしまうため、現場が混乱されるのかもしれない。
もちろん技術の現場は、ビジネスとして正しい選択を必ずしもするわけではないので配慮する必要はない。ただ、この手の記事は誰に対しても利益がある気がしない。最近、頻発しているセミナーも似たような性質がある。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp