17 5月 2019

【ニュース】ホンダ、American Electric Powerと使用済みEVバッテリーのためのセカンドライフアプリケーションを開発 – Green Car Congress

・ホンダは、オハイオに本拠を置く電力会社American Electric Power(APE)と共同で、AEPの電力システムに統合できる使用済み電気自動車(EV)バッテリーのネットワークを開発する。
・このプロジェクトでは、使用済みEVバッテリーの再利用、EV需要と再生可能エネルギーの国内事業者への影響の予想、および配電網用のストレージソリューションとしてのEVバッテリーの統合など、EVの拡大に関連する複数の課題に取り組む。
・ホンダは使用済みFit EVバッテリーをAEPに提供し、バッテリーを公益事業の電力網に統合することを研究する。
・AEPとホンダは共同で、将来の自動車グリッド統合のための技術と規格を開発し、このプロジェクトを通じてEVの価値を改善するための新しいビジネスモデルの知見を蓄積する。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/05/20190516-honda.html

FIT EVは東芝のSCiBを使用している。走行距離は短いが、一般的な電池を搭載したEVより次元の異なる耐久性が実現できている。このような車両を電力システムに活用するのは、かなりやりやすいのではないだろうか。
世の中ではリユースに注目する風潮がある。リユースを定着させたいなら、民生の延長で設計された電池を使用するのでは限界があると思う。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

コメントを残す