15 5月 2019

【ニュース】SGL & Nio 軽量で堅牢なバッテリーパックケースを開発- electrive.com

・ドイツの製造業者SGL Carbonと中国の電気自動車製造業者Nioは、電気自動車用の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製のバッテリーハウジングのプロトタイプを開発。
・利点は、同等のアルミニウムハウジングよりも約40%軽量で、バッテリーボックスの剛性が高いことと、アルミニウムに比べてCFRPの熱伝導率が約200倍低い、 さらに、複合材料は、気密性ならびに耐食性がある。
・この軽量なバッテリーハウジングは、NIOのバッテリー交換方式の電池に最適で、バッテリー交換ステーションで3分以内に交換できる。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/05/12/sgl-nio-present-lighter-battery-casing/

電池の交換式は、バイクなどの搭載容量の小さな用途で普及している。小型なものは人が交換することが前提な場合が多いので、軽いほど価値がある。さらに冷却機構を設けることが難しく自然冷却になってしまう。また、防水対策などで気密性を高める必要もある。このような熱伝導性が高い外装材料に興味を持つ企業は多いのではないだろうか。また、このような材料が出てくると接着技術も必要になる。交換式バッテリーは色々な技術を試せる場になるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp