10 5月 2019

【ニュース】FDK、容量3.5倍の小型全固体電池 使い勝手高める  :日本経済新聞

・FDKは9日、容量を従来比で約3.5倍に増やした全固体電池を開発したと発表した。
・あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器や、体に装着するウエアラブル端末などに組み込んで使う。家電分野で用途を広げる。
・電池容量は500マイクロアンペア時と酸化物系の材料を使う表面実装式の全固体電池としては「業界最高レベル」(同社)という。
・公称電圧は3ボルト、長さ4.5ミリメートル、幅3.2ミリ、厚さ1.6ミリ。セ氏マイナス20度~105度と幅広い温度範囲で使える。
・FDKは5月中旬からサンプル出荷を始める。価格は非公表。2020年度から量産化する予定。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44568890Z00C19A5X20000/

微小電力であれば電池不要の技術も提案されている。各種機器に必要な容量や電流・電圧を整理すると全固体電池を活用できる具体的な商品が明確になるのではないだろうか。また、具体的な仕様も決まる。
FDKは、そのような分析をした上でこのスペックに至ったのであろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp