19 4月 2019

【コラム】焦点:中国EV大国の野望に「電池の壁」、転換点はいつか – ロイター

・EVの普及に最も積極的で、世界最大の自動車市場を抱える中国の業界関係者の中には、2025年までにEVがガソリン車と同等の価格になるとの見方がある。
・しかし、EV開発に携わるホンダのエンジニアは、EVがガソリン車と同等のコストと性能を実現するまでには10年かかるとみている。
・電池の品質を向上させる投資が必要なことに加え、過熱や過充電を防ぐ高度な制御システムのコストが高く、電池コストが低下したとしても、EVの大幅なコストダウンにはつながらない。
・コンサルタントのベレイサ氏は、EVの充電速度を給油と同程度に短くするのは「まず無理だろう」とみる。
・「それは物理学だ」と、ベレイサ氏は話す。ガソリン車と同量のエネルギーを同じ時間内に充電するには、「小さな都市を運営するぐらい」強力な充電器が必要だと付け加えた。
<元記事>https://jp.reuters.com/article/china-ev-idJPKCN1RU06T

なぜ、このような議論にしてしまうのだろうか。置き換わるどうこうでなく棲み分けてより利便性を高めた社会を作ることを考えるべきである。それが、EVが定着するきっかにも必ずなるはずである。
「EVがガソリン車と同等のコストと性能を実現するまでには10年かかる」と言う発言したホンダ社員がいるとは・・かなり驚きである。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp