16 3月 2019

【ニュース】VWグループが中韓のバッテリーメーカーとEV生産を加速、今後10年間で2200万台のEVを販売

・フォルクスワーゲン・グループが「2028年までに約70車種のEVを発売、今後10年間で2200万台ものEVを販売」、「グループの販売台数におけるEVの割合を2030年までに40%以上に増やす」という目標を発表。
・バッテリーサプライヤーにはLG化学、SKイノベーション、サムスン、CALTを選定
・将来的には全個体電池の採用も視野に入れているというフォルクスワーゲン・グループ。すでにアメリカ QuantumScape社と提携して車載用の開発を進めている。
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190314-10391815-carview/

この描いたストーリーが実現するかどうかは、EVがお客様が買いたいと思う製品になるかどうかであろう。EV市場の拡大を主張する人の多くがEVを購入していない。自動車自体も所有していない人が増えている。
VWの自社の状況からこのような目標を立てているのだと思うが、お客様を見ているのであろうか。うまく政府を使うことを考えているのかもしれない。

<弊社では、電動車に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp