03 3月 2019

【ニュース】県が家庭用蓄電池の設置費補助へ|NHK 福島県のニュース

・太陽光で発電した電力の自家消費を促そうと、福島県は来年度、国の「固定価格買取制度」の10年の買い取り期間が終了した世帯を対象に、家庭用の蓄電池を設置する費用の一部を補助する。
・買い取り期間が終了したことを示す書類などを提出すれば、100万円から250万円が相場の蓄電池の費用の一部を受け取れる。
・具体的な金額は、今後検討する。
<元記事>https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190302/6050004584.html

買い取った電力を有効に使えば地域の産業を刺激することもできるのではないだろうか。
ものを作るような事業をするときに電力代金はコストに大きく影響する。福島県で工場投資してくれる会社には格安で電力を融通するなどすることで、win-winの関係を構築できるのではないだろうか。
そのような視点で卒FITを考えるとやれることが色々ありそうである。

<弊社では、エネルギービジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp