03 3月 2019

【ニュース】世界初!塩と水から電力を作るクリーンなパワーバンク「JAQ HYBRID」の販売開始 – CNET Japan

・スウェーデンの燃料電池開発メーカであるmyFC社の国内総代理店である株式会社ライテックは、世界初となる塩と水から電力を作ることができるパワーバンク「JAQ HYBRID」(以下本製品)ならびに「パワーカード」を、2019年3月1日(金)より販売開始する。
・パワーバンク「JAQ HYBRID」は2700mAhのリチウムイオン電池が内蔵されており、パワーカードは再利用プラスチック製で、水、塩、アルミニウム、反応部品がカード内部の異なるチェンバーにて別々に格納されている。使用時にカード内部の成分を混合して水素ガスを発生させて発電する。
・パワーカードは一回限りの使い捨てで、周囲に電源がないときにもパワーバンク「JAQ HYBRID」を充電できる。
<元記事>https://japan.cnet.com/release/30301330/

古川電池がMgの一次電池を販売している。非常用電源として重宝されており、それに近い用途には有効な製品だろう。部品を使いまわしできるところがポイントかもしれない。

<弊社では、エネルギービジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp