20 1月 2019

【ニュース】「EV戦略を180度転換した」、GMのバーラCEO | 日経 xTECH(クロステック)

・米ゼネラル・モーターズCEOのメアリー・バーラ氏は、デトロイト市内で開いた国際会議で、「これまでの戦略を180度転換し、キャデラック(Cadillac)ブランドの電気自動車(EV)の投入を決めた」と述べた。
・同社はこれまで量販車からEVを導入するという戦略を掲げ、シボレー(Chevrolet)ブランドのEV「Bolt」を2016年に発売した。
・EVを普及させるには、販売台数の多い大衆車を対象にする必要があると判断したからだ。
・航続距離が短いことや、充電設備の普及が進んでいないこと、走行用のリチウムイオン電池のコストがかさみ、車両価格が高止まりしていることなどが理由で計画通りにBoltの販売台数は伸びていない。
・こうした状況を受けてGMは、米テスラ(Tesla)やドイツの高級車メーカーと同様の道を選び、高級車ブランドのキャデラックからEVを導入する戦略に転換した。
<元記事>https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/event/18/00036/011700030/?n_cid=nbpnxt_mled_at

最近、北米の電池生産のニュースをよく目にする。このような商品が企画されていることが背景にあるのであろうか?
GMがどのようなEVでアメリカ人を刺激するのか楽しみである。

<弊社では、電動車に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp