17 1月 2019

【ニュース】日産リーフe+のリチウムバッテリーの構造 一体なにが進化したのか? |MotorFanTECH

・リーフにe+(イープラス)というグレードが新たに登場したのは各所で報じられているとおり。そのキーテクノロジーが、バッテリーの著しい進歩である。
・セル単体の容量アップと「8セルモジュール」から「可変式モジュール」への転換によるエネルギー密度の増加。
・これらについて詳しく考察している。
<元記事>https://motor-fan.jp/tech/10007680

ガソリンやディーゼル車はエンジンの排気量を変えることでパワートレーンのバリエーションを増やすことができた。EVも同じように電池の出入力と容量を変えたものを用意することでバリエーションを増やすことはできる。ただ、現時点でそれは現実的でない。日産のような取り組みが現実的である。

<弊社では、電動車に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp