11 1月 2019

【ニュース】SKイノベーション VWからの大量発注を受けて $10 Billion のバッテリー投資へ – Bloomberg

・SKイノベーションの現在の電池生産能力は年間4.7GWhであるが、2022年までに60GWhに達する目標を掲げた(これまでは55GWhと発表していた)。
・先月、同社は、フォルクスワーゲン、ダイムラー、現代自動車グループなどへの供給のため、16億7000万ドルを投資して米国工場を建設することを発表した。
・このジョージア州の施設は2025年までに50GWhの容量まで拡張する予定で、およそ50億ドルの投資となる。
・ また、中国に2つの工場とハンガリーに1つの工場を建設している。
<元記事>https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-01-10/sk-innovation-eyes-10-billion-battery-bet-after-major-vw-order

アメリカでは政府の援助を受けてLGがすでに大型の工場を稼働させている。VW、ダイムラー、現代はそれを選択しなかったことになる。日系の企業はどのような選択をするか注目していきたい。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp