28 12月 2018

【ニュース】ホンダ、リチウム電池の電動バイクを発表 – NNA ASIA・中国・自動車・二輪車

・ホンダは24日、中国で同社として初めてリチウムバッテリーを採用した電動オートバイ「V―GO」を発表した。希望小売価格は7,988元(約12万7,700円)。
・中国で研究開発(R&D)を行ったV―GOはバッテリーをステップの下に置き低重心化を実現。
<元記事>https://www.nna.jp/news/result/1852064#ホンダ

<荒木>以前から大木さんは、リチウムイオン電池を用いたモビリティーは自動車よりもバイクなどの小型なモビリティの方が相性が良いと仰っておられましたが、これはその一環でしょうか?

<大木>
◯解説:
相性、一環と言われると回答難しいですね。
本田はいち早く電動バイクを市場に投入しました。でも早すぎてうまく行きませんでした。そしたら、中国で市場が拡大して乗り遅れちゃいました。中国の電動バイクの市場は拡大する一方です。変なものが出回っていたのですが、最近は商品の法規も敷かれました。今回の商品をその大きな市場に投入にしたのですが、どこまで売れるかわかりません。ただ、東南アジア市場まで見据えていたらうまくいくかもしれません。
今回の商品は「中国で研究開発」というとここともポイントですね。多分、バッテリー固定型のバイクですね。日本側で開発しているのは、HEVや脱着式のものです。グループとしては商品が増えているの、シナジーが生まれること期待したいです。
荒木さんが、聞きたかったのは技術の方でした?それは何か機会が会った時に。

<弊社では、電動車に関する分析調査・支援を行なっています。>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp