14 11月 2018

【ニュース】 韓国主要電池メーカー 1000億ウォン(約78百万ユーロ)のファンドを創設- electrive.com

・韓国の3大電池メーカであるSKイノベーション、LGケミカル、サムスンSDIは、1000億ウォン(約78百万ユーロ)のファンドを創設し、電池技術の研究開発を促進し、有望な新興企業を支援することを目指す。
・このような資金の支援は、韓国の電池メーカーが主に中国に対して市場シェアを失っていることへの対応策である。
・ソン・ユンモ(ソン・ユンモ)貿易産業資源部長官は、ソウルで開かれた会議に出席し、電池市場を「メモリ半導体を超える新興高成長産業」と呼び、電池メーカーが韓国の電池会社による新技術への投資に対する積極的な支援を期待できると付け加えた。
<元記事>https://www.electrive.com/2018/11/13/korea-major-battery-cell-makers-form-₩100bn-fund/

◯解説:
企業の研究開発費の負担が減ることになるので、コスト競争力がつくのは間違えないであろう。過去に韓国は国で電力を負担するなどして支援をしていたが、それに比べるとまともな政策である。ただ、CATLに比べ単価で大きく負けているわけではない。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]