14 11月 2018

【ニュース】アライアンス・ベンチャーズ、電気自動車用リチウムイオンバッテリーの 技術進化に向け、エネベート社に出資:時事ドットコム

・ルノー・日産自動車・三菱自動車の戦略的ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ」は本日、米国カリフォルニア州アーバインに拠点を置く先進的なリチウムイオンバッテリー技術を開発する「エネベート」社の直近の資金調達ラウンドで投資を行ったと発表。
・エネベート社の電気自動車用HD-Energy® Technologyは、5分の急速充電による高いエネルギー密度と長い航続距離をその特長としている。
・また、低温状況での作動性、低コスト、高い安全性の実現にも焦点が当てられています。この短い充電時間は、既存のどのリチウムイオンバッテリーをも上回るもの。
・同社に出資するのは、Mission Ventures、Draper Fisher Jurvetson、Tsing Capital、Infinite Potential Technologies、Presidio Ventures(住友商事グループ会社)、 CEC Capital, サムスン、 レノボ、 LG化学、ルノー・日産自動車・三菱自動車等。
<元記事>https://www.jiji.com/jc/article?k=20181113005867&g=bw

<X’s EYE> 
◯解説:
サムスン、LGが出資しているので、何らかの革新的な技術を有しているのかもしれない。消費者を驚かす商品が出てくることを期待して待ちたい。ただ、

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]