09 11月 2018

【ニュース】医療・ヘルスケアパッチ向け電池を開発/マクセル プレスリリース

出典:http://news.e-expo.net/

・マクセル株式会社は、経皮投薬や連続血糖値モニターなどに用いられる医療・ヘルスケアパッチに適し、安全性・環境負荷に配慮したフレキシブルなディスポーザブル電池「Air PatchTM *1Battery(エアーパッチバッテリー)」を開発した。
・この電池は、IoT やウェアラブル機器向けコイン形電池、ボタン形電池、小型ラミネート電池などで培った材料技術および製造技術に、新たに安全設計技術を融合し、発展させたもの。
・マクセルが開発した「Air PatchTM Battery」は、酸化マンガン、リチウム、水酸化カリウム (強アルカリ)、有機溶剤などを使用しておらず、材料改良により従来の水溶液系電解液を用いたラミネート電池比2倍以上のエネルギー密度を達成。
<元記事>http://news.e-expo.net/release/2018/11/post-116.html

<X’s EYE> 
◯解説:
電池は生活のありとあらゆるところに使用されている。また、新しい商品も次々に出てきている。しかし、安全性能を考慮していないものも少なくはない。商品を保証する際に、製品製造が安全を担保する考え方もあるが、このように電池製造側が設計してしまうのもビジネスチャンスが広がるのではないのではないだろうか?特にLIBは。

   
[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]