04 10月 2018

【ニュース】容量を15%高めたPHEV用電池セルに変更、三菱自動車 | 日経 xTECH(クロステック)

・三菱自動車は、SUV(多目的スポーツ車)タイプのプラグインハイブリッド車(PHEV)「アウトランダーPHEV」の2019年モデルに搭載する駆動用バッテリーを初公開した。
・体積当たりの容量を15%高めたリチウムイオン電池セルで、リチウムエナジージャパンが供給する。
<元記事(有料記事)>https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/event/18/00032/100200008/

<X’s EYE>
◯解説:
http://lithiumion.info/myblog/?p=16238
アウトランダーPHEVは、日系企業としてはプリウスPHEVに次ぐ販売実績がある。2017年を入れればプリウスPHEVを圧倒する。プリウスと比較してみる。


[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]