01 10月 2018

【ニュース】燃料電池鉄道の実現と駅中心の水素ステーション普及へ、トヨタとJR東日本 – MONOist(モノイスト)

・トヨタ自動車と東日本旅客鉄道(JR東日本)は2018年9月27日、水素を活用した包括的な取り組みで協業すると発表。
・駅を拠点とした水素サプライチェーンを構築し、低炭素で魅力ある街づくりに貢献することを目指す。
・JR東日本の社有地を活用した水素ステーションの整備や、地域交通への燃料電池車(FCV)の導入、鉄道車両への燃料電池(FC)技術の適用など、幅広い領域での連携を検討している。
<元記事>http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1809/28/news067.html

<X’s EYE>
◯解説:
最近、FC関連のニュースが多い。過去の状況については以下のリンクを辿って理解していただきたい。
http://lithiumion.info/myblog/?p=15975

[sg_popup id=”16202″ event=”click”]<続きを読みたい方>[/sg_popup]