05 8月 2018

【コラム】車の電動化戦略で官は民の補完役に  :日本経済新聞

・世界で販売する日本車を2050年までにすべて電動車にするという目標を経済産業省が決めた。
・この目標のミソは、EVではなく「電動車」を対象にしたこと。自動車メーカーごとに、排ガスゼロのEV重視か、より実用性の高いハイブリッド系の技術に力点を置くのか、戦略に違いがある。
・燃料電池車を含め、ほぼすべてのエコカーを包含する「電動車」という概念でくくったのは、ひとつの知恵というより、それ以外のやり方では自動車各社のコンセンサスが取れなかったためだろう。
・もう一つの特徴は、英仏や中国の目標が自国内で走る車を対象にしているのに対し、日本政府の目標は日本メーカーが世界で売るすべての車を対象にしたこと。
・日本車の電動化に連動して世界の車の電動化が進み、地球規模での大気汚染の低減や温暖化抑止につながる展開を期待したい。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXKZO3381440004082018EA1000/