30 5月 2018

【ニュース】東レ、リチウム電池用絶縁材 増産投資「年内に判断」 日刊工業新聞 電子版

・東レの日覚昭広社長は28日に会見し、リチウムイオン二次電池(LIB)用のセパレーターの生産能力増強について、欧州を有力候補に年内にも次の投資判断を行う意向を示した。
・同社は日本を含むセパレーターの生産能力を、2020年近傍に17年末比3倍にする方針。第1弾の投資として、17年10月に韓国工場の生産能力増強を決めており、これに続く投資となる。
<元記事>https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00475243