22 1月 2018

【ニュース】住友化学、サファイア基板から撤退、電池材料に設備転用  :日本経済新聞

・住友化学は発光ダイオード(LED)材料のサファイア基板事業から事実上撤退する。
・住友化学は基板原料の高純度アルミナで世界トップ。大邱工場は当面、リチウムイオン電池部材「アルミナ塗布セパレーター(絶縁膜)」の専用工場にする。
・このセパレーターは電池の安全性を決める重要部材。パナソニック製電池に採用され、電気自動車や蓄電池の電池を造る米国工場「ギガファクトリー」に出荷している。
・既存工場の設備転用には早く、安く能力増強できる利点があり、東レや旭化成との競争を優位に進めたい考え。
・大邱工場に残る未使用の敷地も活用を検討する。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25905110Z10C18A1TJ2000/