29 11月 2017

【論文紹介】Fire-extinguishing organic electrolytes for safe batteries

出典:https://www.nature.com/

Nature Energy (2017) doi:10.1038/s41560-017-0033-8
・東京大学山田敦夫先生らのプレスリリース ”火を消す高性能電解液を開発 -絶対に発火しない長寿命電池の実現へ- ”の元論文。
・高濃度電解質+難燃性溶媒(リン酸トリメチル)のみの電解液。
・この電解液は、引火点を持たない。加えて、200℃以上への温度上昇時に発生・拡散する蒸気も消火剤となることから、電池の発火リスクを広範囲にわたって積極的に低減する。
・通常、カーボネート系溶媒や添加剤が含まれていなければ黒鉛負極上にSEIが形成されず、安定したサイクルが得られない。
・今回、高濃度電解質が、負極上に安定した無機パッシベーション膜を自発的に形成することを利用して、カーボネート系溶媒を含まない、難燃剤と電解質のみからなる電解液の開発に至った。
・難燃電解液は、黒鉛、ハードカーボン負極で1000サイクル以上安定して充放電を繰り返すことができる。
<元記事(論文)>https://www.nature.com/articles/s41560-017-0033-8
<プレスリリース本文>http://www.t.u-tokyo.ac.jp/shared/press/data/setnws_201711281032490218235794_175530.pdf