05 9月 2017

【ニュース】神戸大発VBのIGS リチウムイオン電池故障箇所の検査装置  :日本経済新聞

・神戸大学発ベンチャー企業(VB)のIGS(神戸市)はリチウムイオン電池の故障箇所を正確に割り出す検査機器を開発した。
・電池から発生する磁場を測定し、ソフトウエアで電気の流れを算出する。画像化して故障箇所を表示する。
・電池自体の品質検査装置はあるが、故障箇所を特定できる機器は珍しい。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20708280T00C17A9TJC000/