06 7月 2017

【論文紹介】Atomic level changes during capacity fade in highly oriented thin films of cathode material LiCoPO4

出典:http://pubs.rsc.org/

J. Mater. Chem. A, 2017,5, 9329-9338 ;DOI:10.1039/C6TA10084H
・JFCCのプレスリリース”リチウムイオン二次電池用の正極膜における劣化メカニズムを解明”の元論文。
・Au(111)/ Al2O3(0001)基板上へ高度に配向させて作製したオリビン構造のLiCoPO4薄膜について、STEM、EELSによって劣化原因を解析した。
・結果、表面から5ナノメートル(ナノは10億分の1)の範囲で構造が変化しており、リチウムサイトの一部が原子サイズの大きいコバルトに置き換わってふさがれ、放電時にリチウムイオンが戻るサイトが減少することが容量低下に繋がることがわかった。
また、酸素の欠損によりリン酸の四面体構造がゆがむことも分かった。
・今回の成果を電池材料の表面構造制御、界面設計に生かせれば、電池の性能向上につながる。
<元記事>http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2017/ta/c6ta10084h#!divAbstract