24 5月 2017

【ニュース】宇部興産 電池材料、技術力で差別化 化学工業日報

・宇部興産がリチウムイオン2次電池(LiB)材料事業拡大に向け、技術力で差別化を進める。
・「シェアを追う気はない」(山本謙社長)というセパレーターだが、今月立ち上がったばかりの新プラントには大幅にコストを削減できる独自プロセスを採用し、競争力を高めている。
・車載向けを主体に2020年に3億平方メートルという生産目標達成もみえてきた。
・また電解液も車載向けに勢いがでている。三菱ケミカルとの協業を通して競争力の要である添加剤の品ぞろえ拡充やグローバル規模での供給体制構築に期待が高まっている。新規事業である負極材も量産が近づいている。
<元記事>http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2017/05/22-29423.html