22 5月 2017

【分析技術】リチウムイオン電池正極の三次元反応分布計測3D – SPring-8/SACLA 利用研究成果集

出典:https://user.spring8.or.jp/

・リチウムイオン電池のレート特性を支配する現象の解明を目指し、リチウムイオン反応分布の二次元および三次元可視化計測法を検討した。
・LiFePO4正極の二次元可視化から、集電体側に比べてセパレータ側で反応が進行していることがわかった。
・X線吸収分光法とラミノグラフィー法を利用した二次元XAS(2DXAS)および、三次元XAS(3DXAS)による可視化計測法により、電極断面毎のリチウムイオン反応分布の可視化に成功した。
・しかし、電極断面の上下におけるリチウムイオン反応分布の差異までは識別できていないことが判明した。
<元記事>https://user.spring8.or.jp/resrep/?p=8429