22 9月 2019

【ニュース】トヨタ 本社工場に据え置き型燃料電池発電機を設置- Green Car Congress

・トヨタ自動車は、未来燃料電池自動車(FCEV)に搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を利用した定置用燃料電池発電機(FC発電機)を開発した。
・FC発電機は愛知県豊田市の本社工場敷地内に設置され、実証試験が開始された。
・FCジェネレーターは、FCスタック、電源制御ユニット(PCU)、および二次電池を含むMiraiに装備されている各FCシステムコンポーネントを2つ使用し、高性能の発電機を手頃な価格で生産することを目指す。
・ 発電機は1日24時間連続して作動し、100キロワットの定格出力を生成する。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/09/20190919-tmc.html

水素自体はどのように供給するのであろうか?ホンダは電気分解方式を取っているが、うまく定着していない。
水素を定着させるのは、インフラや製造の方に課題が大きい。トヨタは、このようなお金がかかるところは自前のお金をあまり使っていない傾向にある。本音と建前の使い訳がうまい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

22 9月 2019

【ニュース】三菱ふそうのEVトラック『eキャンター』、全世界で延べ100万kmを走行…地球25周分に相当 | レスポンス(Response.jp)

・ダイムラー(Daimler)は9月17日、傘下の三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)の小型EVトラック『eキャンター』が、全世界で延べ100万kmを走行した、と発表した。
・eキャンターは、世界初の量産EVトラック。欧州仕様車は、車両総重量7.5トンクラス、1時間(直流急速充電)/11時間(交流200V)の充電で、航続は100km以上を実現する。
・蓄電容量13.8kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーパック6個を搭載する。
・従来のディーゼル車と比較して、走行1万kmあたり、最大1000ユーロのコスト削減を可能にしているという。
<元記事>https://response.jp/article/2019/09/21/326731.html

コストは、きちんと商品寿命の違いも加味しているのであろうか。
電動化商品は、重要なファクターを除いて比較されていることが多い。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp