18 9月 2019

【ニュース】2017年、オーストラリア、チリ、アルゼンチンで世界のリチウムの91%を生産- Green Car Congress

出典:https://www.greencarcongress.com/

・2017年には、オーストラリア、チリ、アルゼンチンが全リチウムの91%を生産した。
・コンゴ民主共和国は、世界のコバルトの59%を生産。
・ ニッケルなどの他のリチウムイオン電池材料は、世界中でより均等に生産されている。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/09/20190917-fotw.html

産業で使われている元素でもっと偏ったものがある。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

18 9月 2019

【ニュース】GM 独自のバッテリー生産の開始を検討- electrive.com

・ゼネラルモーターズは、将来、独自のバッテリーセルを生産する予定。
・同社は、組合との契約交渉の枠組みの中で、今後4年間で合計70億ドルを投資すると約束した。これは、デトロイトでの電気駆動ピックアップの生産と前述のバッテリーセルの生産。
・ 2018年11月、GMのボスは厳格な緊縮財政コースを発表した。 リストラ計画によれば、ゼネラルモーターズは、2020年末までに、特に工場閉鎖を通じて年間60億ドルを節約することを目指し、電気自動車と自動運転車の開発と生産に投資するための資金を集める。
・シボレーボルトの生産は年初に終了したが、それに変わってキャデラックを将来、グループの電気モデルの主要ブランドとして位置付ける計画を発表している。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/09/17/gm-considers-launching-their-own-battery-production/

自動車製造の子会社化、外部委託は今後進むであろう。そうするとこのような労使の問題が発生する。VWも似たように労働組合との問題を電動化で解決する方針を取っている。
思ったような市場の電動化が進まないとき、VWやGMはどうなっているのであろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

18 9月 2019

【セミナー 10/18 東京】リチウムイオン電池&全固体電池製造技術の最新動向と展望

◯内容:
講演1.
高性能リチウムイオン電池の材料・製造・分析技術の最新動向と将来展望
向井 孝志 氏  ATTACCATO合同会社 代表
講演2.
カーボンブラック導電材の物性とLiB電極特性に与える影響
山口 東吾 氏  旭カーボン㈱ 経営管理部 品質保証課長 兼 技術部 製品開発課主任部員
講演3.
ゴム材料を用いた硫黄系正極材の開発と電極特性
久保 達也 氏  住友ゴム工業㈱ 研究開発本部 研究企画部 主任
講演4.
高速分散装置の特長
およびハイニッケル系活物質の水系スラリー化技術について
浅見 圭一 氏  日本スピンドル製造㈱ 産機モリヤマ事業部 ミキシング事業グループ グループリーダー
講演5.
コンフォーカル光学系を用いたリチウムイオン二次電池のオペランド観察
秋元 侑也 氏  レーザーテック㈱ 第2ソリューションセールス部
<詳細・お申し込み>https://cmcre.com/archives/50142/